Creative Outlier Airを購入!軽くインプレ&レビュー

レビュー
この記事は約3分で読めます。

Creative Outlier Airを購入してみたので軽くインプレ&レビューしてみます。

Creative Outlier Air

最大10時間+20時間充電可能ケース

最近ガレージでイヤホンで音楽聞きながら作業することが多いんですが、まあコード邪魔なんですよね。

それで以前Amazonで中華製の3000円しないくらいのBluetoothイヤホンを買ってみたんですが、これがまあ音楽聞くには結構厳しい音質でお蔵入りだったんです。

やっぱまともに聞けるやつは高いのかな~と思っていたんですが、Bluetoothイヤホンの記事がネットで流れてきたので読んでみると、CREATIVEから7000円台で発売されているとのこと。CREATIVEは昔からPCサウンドでおなじみのメーカーだったのでまあまあ信頼しています。

というわけでAmazonのレビューも悪くないのでポチってみました。

ケース側面

ケース側面には各状態を示すLEDと充電用のUSB-C端子があります。

ケースはスライド式

ケース右側側面を押すとスライドして中身が出てきます。充電中はイヤホンのLEDが赤色点灯するのかな?ちなみに説明書は各国語でビッシリと書いてあるのでかなり読みにくいですw

充電端子

本体にはマグネットが入っていてケースの形に添わせて入れるとカチッとハマるようになっています。付属のイヤーピースは結構薄いんですよね。あんまり耳の仲間でフィットしない感じです。試しにちょっと長いイヤーピースに変えてみたらかなり耳に密着していい感じでした。ただしサイズが大きくなるので充電ケースに入りませんでしたけどね。

サイズ感

カッサカサの手で申し訳ないですが、サイズ感はこんな感じですね。普段の有線イヤホンに比べたらまあでっかいな~と思うんですが、重量自体は軽いので装着した際の違和感はありません。

片側5g

片側5gとめっちゃ軽いですね。技術の進化すごいわ~。

中身入れた状態のケース重量

イヤホン本体を入れた状態のケース全体の重量は64g。まあこのデジタルスケールも誤差はありますが、大体こんなもんです。

さて、肝心の音ですが。まあ自分はそんなにイヤホンとか音にこだわったことの無い人間なので、まともに聞けるか聞けないか、快適かそうでないか程度にしか分かりませんが。

音楽を普通にストレス無く聞くことができます。まあ無線なのでスマホとかの相性とかあると思うんですが、自分の場合は殆ど問題はありません。偶にブツっと鳴ったりしますけど。

今回買うに当たって一番心配だったのが音量なんですが、結構大き目に聞こえて満足です!ちなみにAndroidの開発者向けオプションから「絶対音量を無効にする」にチェックを入れています。

説明書もよく読んでなかったのでスマホだけじゃ音量が小さすぎる~と思っていたんですが、R本体のボタン長押しで音量を大きく出来ました。あとGoogleアシスタントを呼び出したりもできるっぽいです。

まあ今回は結構いい買い物だったと思います。やっぱりコードが無いとめっちゃ快適ですね~。それに結構長時間利用できるみたいなんで一日使ってても問題なし!

あ、あとあれ。自分結構耳の中がオイリーらしくて、イヤホンに油が結構つきます(笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました