プランター(鉢)をQRコード管理!スマホで読み取って忘れがちな情報を再取得【ガーデニング・家庭菜園】

DIY
この記事は約2分で読めます。

柑橘の植木を買って鉢植えにしてみたんですけど、品種名とか追肥のタイミング等々忘れちゃうそうなので、Evernoteに全部つっこんで、それをQRコードを使ってスマホで見られるようにしてみました!

スポンサーリンク

まずはEvernoteの公開リンクを作成

苗木に付いていた札をスキャナーでスキャンし、Evernoteに取り込みます。他にも覚えておきたい情報を、画像やテキストで入れておきました。

ノートを作成したら、共有用リンクをコピーしておきます。

スポンサーリンク

QRコードを作成、プリントアウト

URLをQRコードに/QRコード作成【無料】QRのススメ
QRコードを無料で作成できるサイトです。URLをQRコードにできます。商用利用も無期限・無制限で、EPS形式の生成も可能。初心者からプロまで簡単に使えます。

上記のURLのQRコード作成サービスを使って、QRコードの画像を作成。ダウンロードした画像ファイルをいい感じのサイズでプリントアウトします。自分の場合はエクセルにQR画像を3枚入れて、A4サイズに入りきるくらいで印刷しました。

スポンサーリンク

ラミネート加工

A4コピー用紙に印刷されたQRコードをカッター等で切り分けて、ラミネート加工していきます。

ラミネート加工したら、それらをカッターで切り分け。ポンチで取り付け用の穴も空けてハトメを付けておきました。

使用したのはアイリスオーヤマのラミネーター。3000円ちょいくらいですね。

スポンサーリンク

取り付けて完成

ハトメを付けてみたんですが、屋外だと錆びちゃうかもしれませんね。単純にラミネート部分にポンチで穴を空けただけでよかったかも?

とりあえず結束バンドで木に直接ぶら下げているんですが、鉢に貼り付けておいてもいいかもしれませんね。または鉢に穴を空けて、そっちにぶら下げておくか。

とりあえずこんな感じで鉢植えの管理ができるようになりました!あとは紫外線に晒された状態で、どれだけ保つかですね~。すぐにバリバリになっちゃうような気もしますが。ひとまずはこれでやっていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました