1万円のインパクトドライバーを修理に出したらスイッチ不良で修理に5000円掛かった

DIY
この記事は約2分で読めます。

マキタの充電式インパクトドライバ(MTD001DSX)を、ホームセンターで12000円くらいで買ったのが2018年の1月。久々に使おうと出してみたら、なんと動きませんでした!

スイッチを引くとライトはつくけど、回転しない

2018年の1月に購入して、2019年の1月まで、使用頻度は2ヶ月に一度くらい。

久々に取り出して使用していたら、突然動かなくなりました。スイッチを引くとライトは点灯するのですが、回転しません。

試しにバッテリーを抜き差しして試してみると、偶に動作するものの、途中でまた動かなくなるという。明らかに接触不良とかそんな感じの動き。

ネットで調べてみたら「スイッチ不良」というワードが出てきて、明らかにこれだろうな〜と、大凡原因に検討はついたのですが。自分でバラすのも面倒だし・・・部品交換が必要になったらどこに注文すれば?と色々思案した結果、購入したホームセンターに「修理に出してください、まずは見積もりだけお願いします」と持ち込んでみました。

案の定スイッチ不良、修理費は5000円弱!

1万円程度で買ったインパクトドライバの修理費が5000円・・・

新品で買うか迷いましたが、結局修理してもらうことにしました。

無事に直って戻ってきた訳なんですが、う〜ん。って感じですね。

物自体は作りもよくてコスパもいいんですが、工業製品なのでどうしてもハズレがありますよね〜。最初から動かないとかなら初期不良で通るんでしょうけど、こういった場合はしょうがないと割り切るしかないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました