軽トラの荷台あおりのストッパー用のボルト?をDIY [サンバートラックTT1]

DIY
この記事は約2分で読めます。

ワックスをかけようと思い、軽トラのあおりを外そうとしたんですが、あおりのストッパー用のボルト?が錆びて固着してなかなか回らず。サイズが合ってないドライバーで回してたら見事に舐めちゃいました。

なんとか取り外せた

ストッパー用のボルト?部品名がわかんないんですが、あおり1枚に1つ付いています。左右後ろで合計3個。

これですね。M6のボルトなんですが、ヘッドがプラスネジです。普通に六角レンチで回せるボルトじゃ駄目だったんですかね〜。

なんとか取り外してみたんですが···

錆びまくり!

取り外すときに困ったのが、外側に付いてるプラスチック?の白いやつ、これのせいでソケットも入らなかったので、もうペンチで割っちゃって、ソケットいれて外しました。

車体のネジ穴もサビサビ。CRC556で洗浄した後、適当なグリスを注油しておきました。

新しく取り付ける何かを作成

とりあえずM6のボルトと、それに通りそうな穴の空いたゴムかなにかがあるんじゃないか?と思って、ホームセンターに行ってみたら、ありました。

ボンネットの受けに使われてるボンネットゴムという、台形でちょうど良さそうなゴムです。数百円程度。

このゴムの中にはワッシャーが入っていたので、ペンチでゴムを摘み、精密ドライバーのマイナスで取り出しました。

ボルトを通してみたんですが、ヘッドまでゴムに入れたいので、デザインナイフでゴムをカット。

キレイに収まりました。

ワッシャーはどうしようか迷いましたが、平ワッシャーとスプリングワッシャーを入れてみました。

取り付けてみましたが。締めれば締るだけゴムが変形して締まってゆく…こりゃいかん。ある程度は締め付けられるんですが、振動で緩んじゃいそうなので改良します。

スペーサーを買ってきました。これをいい感じの長さに切断(削り)して、ゴムの中に入れてみようと思います。

この時点で、普通に純正部品を注文した方が安いのでは?と思いますが、まあそこはそれ、趣味なので。

グラインダーで削りながら、いい感じの長さに調整しました。


最終的にはこんな感じ。左から順番にはめていきます。

すべて組み込んで、錆止めにグリスをタップリ塗っておきます。

完成!

今度はしっかりと締め付けられていい感じです。まあすぐにゴムが劣化してひび割れそうな気もしますが。とりあえず形にはなったんじゃないでしょうか。

今回の作業はここまで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました